500円ハーフダラー論争に参戦してみた

コインマジック界における泥沼論争

結論から言えば、私は『ハーフダラー派』です。

どっちでもいいんだけど、現場でも暇つぶしでも使う機会が多いからです。

今回はそれをもう少し掘り下げて、なぜハーフダラーを使っているのか検証するとともに、他のHPなんかで両者の意見を見てみようと思います。

ハーフダラーを使うことのメリット

ギミックコインが使える

ハーフダラーを使う最大の理由。個人的にはコインマジックはギミックを使ってナンボの世界だと思っています。観客に受ければそれでいいんです。

他にもサイズの合う銅貨やチャイニーズコインが見つかりやすい、という利点もありますね。マジックの幅が広がりやすいです。

お洒落、綺麗 (見た目重視)

個人的な理由その2。500円玉を使うより、ハーフダラーの方がお洒落だと思いますし、実際にお客さんからもそう言われます。

コインの説明を入れれば、そこからお客さんと会話を広げられるという利点もあります。もちろん使う人がお洒落でなければ本末転倒ですが。

使いやすい

純粋に使いやすいサイズというのが3つ目の理由。

銀貨を使うこともありますが、パームは間違いなくやりやすいです。

手汗をかきやすい人なんかにとっては、手に匂いがつきにくいというのも理由の1つかも。

ハーフダラーを使うことのデメリット

不自然

500円玉派の最大の主張でしょうか。確かに、居酒屋で友人の前で500円玉を出すのは不自然ですよね。

また、相手に『それって仕掛けあるんでしょどうせ』と思われる、というのも一つの意見でしょう。

客から借りることができない

これもデメリットのうちの一つ。客からコインを借りてより不思議度を高めたい人にとっては、500円玉の方がよいでしょう。

高い

銀貨は高いです。1枚3000円とかザラ。ほんと馬鹿かと。

それなら手軽に手に入る500円玉でいいや、ってなりますわ。

論争の参戦者達

ネット上で意見を挙げている人たちを集めてみました。

ほとんど「どっちでもいい派」が多いですが、それぞれの意見をまとめておきます。

ハーフダラー派

浅田悠介 オフィシャルWeb 『使うコインについて』

ハーフダラーをメインに使っているようです。「みんながつかっているから」ではなく「自分らしいから」という結論でまとめています。

ポン太 the スミスでございます。『コイン履歴』

色々な過程を経て、ワンダラーに落ち着いたみたいです。「私がコインを選ぶ」のではなく「コインが私を選ぶ」というまとめ。

500円玉派

マジェイアの魔法都市案内 『入門者用F.A.Q (道具編)』

500円のギミックコインが手に入るなら500円玉、銀貨はただのマジシャンの自己満足。

脳味噌はなまる 『コインマジックに500円玉を使用すべきか銀貨を使用すべきか』

どっちかと言われると500円玉を使う派より。ケースバイケース、あとルーティーンで統一すること。

結論

選ぶ基準をまとめると

  • 『これ使いたいな』と直感的に思ったコインを使うこと。
  • そのコインを使って『自分らしさ』が表現できること(キャラにあっている)。
  • ルーティーンで統一すること。
  • 相手、場所によって変化させること。
  • お財布との相談

という形になります。

終わりのない議論ですが、たまには考えてみるのもいいかもしれませんね。

それでは。

The following two tabs change content below.
マーケティングとマジック好き
外資メーカー就職(予定)
大阪→東京(予定)
読書、アコギ、バスケ、アニメなど
標準化こそ正義
You can share this page !
スポンサーリンク
pcpromotion




スポンサーリンク
pcpromotion