一乗寺の人気ラーメン屋:びし屋に並んできた

京都のラーメン激戦区、一乗寺

この前紅葉を見に行った帰りに人気のラーメン店に行ったのでご紹介したいと思います。

場所は京都一のラーメン激戦区と言っても過言ではない「一乗寺」

貴船神社で紅葉を見た帰り、貴船口駅から叡山鉄道一本で一乗寺駅に向かいます。

Ichijojistation

(一乗寺は叡山鉄道の中でも無人駅。ひっそりしています。)

そして一乗寺駅を降りて歩くこと約5分ほど。お目当てのラーメン屋さんが見えてきました。

めちゃくちゃ並ぶ!人気店「びし屋」

一乗寺駅から5分ほど歩けば、ラーメン好きなら誰しも聞いたことがあるだろう天天有だったり、極鶏といった超人気店が並んでいます。

それらお店も行きたいんですが、今回お目当てのラーメン屋さんはこちら。

Bishiya

(確か8時過ぎに着いてこれぐらいの行列。)

人気ラーメン店、びし屋です。

8時過ぎに着いて、そこにはもう20〜30人近くの行列が。

せっかく来たので待つことにしました。

結構待っている時間が寒いので、上着などを用意することをおすすめします。(特にこれからの季節)

彼女とラーメン屋さんに行ったので、途中ラーメンの話だったり、カイジのものまねなどをして時間を過ごす。

しかし待っても待っても行列が動く気配がありません。

どうも回転率が高くないのと、その日券売機が故障しており、さらには休日というフルコンボ。

結局入れたのは40分近く経った後でした。

典型的な横浜家系ラーメン

ようやく店内に入れて、早速券売機で食券を購入。

今回頼んだのは唐揚げセット(950円)に味玉トッピング(80円)。合計。(1130円)

ラーメンとご飯と唐揚げがセットになっている、まさにデブの素。

だがしかし元々空腹の上、40分も待たされたんですからガッツリ食べたいですよね。

そして待つこと約10分ほど。

Bishiyara men

(味玉、のり、チャーシュー、白ネギ、きくらげ、ほうれん草というトッピング)

典型的な家系ラーメンでしょうか。スープが泡立っているところからも、濃厚な味が予想できます。

まずはスープから一口。

非常に濃厚なスープで、口に入れた瞬間豚骨の香りが鼻腔を突き抜けます。

さらに塩分もかなり濃く、すぐ水が飲みたくなる塩辛さ。

実際に店内の客を見ると他のラーメン屋に比べて水をおかわり人が多いです。

そしてお次は麺。

中太麺が濃厚なスープにしっかりと絡みついて、食べ応え抜群です。

麺の味もうっすら小麦の味がしますが、スープの辛さに全て持っていかれます。

個人的にはもう少し細い麺の方が好きなのかも。いや多分私が博多系が好きなだけです。

チャーシューは文句なしに美味しいです。口に入れるとホロホロと崩れていきますし、味の濃いスープに浸しながら食べるとご飯が進みます!

そして他のトッピングも味の濃いスープと相性抜群、全体的に綺麗にまとまっているラーメンでした。

味が濃いラーメンがお好きな方におすすめ

結論としては、ちょっとだけスープが辛いだけで、それ以外は満点の美味しさでした。

さすがにこのスープを全て飲み干そうと思えないですね・・・。

いや、そもそもラーメンのスープを全部飲み干すことほど体に悪いものは無いのでしょうが笑

ぜひ味の濃いラーメンがお好きな方は、並ぶのを覚悟で訪ねてみてください。

最後にメニューやアクセス、他の方のレビューが載っている食べログへのリンクを貼っておきます。

食べログ:びし屋 – 一乗寺(ラーメン)

The following two tabs change content below.
マーケティングとマジック好き
外資メーカー就職(予定)
大阪→東京(予定)
読書、アコギ、バスケ、アニメなど
標準化こそ正義
You can share this page !
スポンサーリンク
pcpromotion




スポンサーリンク
pcpromotion