簡単手軽にできる奇跡のカルボナーラレシピ

カルボナーラ、大好きです!

今回の記事は、いつもと違って大好きなカルボナーラのレシピを備忘録として、まとめておこうと思います。

昨今、クックパッドを見れば食べたいレシピなんていくらでも出てきますよね。

けれども、個人的にクックパッドは

1.レシピ量が多すぎる

2.簡略化しすぎていて、解説が少ない

という欠点があると思っています。

そこで、素人ではありますが、あらゆるサイトから情報を集めて、30回以上の試行錯誤の上出来上がった

カルボナーラ』のレシピを、わかりやすく解説してみます。

料理下手な男子大学生でも9割失敗しない料理なので、ぜひ皆さん試してみてください♪

準備するもの・準備 1人前

パスタ 100g

クリーム系パスタはフィットチーネ(平べったいやつ)が良いと言われてますが、個人的には普通のパスタ(1.7mm)の方が、しつこくなくて好きです。お好みのものをどうぞ。

卵 1個

今回のレシピでは卵黄のみ使用します。できるだけ大きめの卵が良いです。

卵白を入れてもいいですが、ちょっとねっとりした感じになります。

また、失敗(ソースが卵そぼろみたいになる)可能性も上がります。

牛乳(または生クリーム)50ml

本場では使わないそうですが、牛乳を入れないと濃すぎるので、私は少し入れる方が好きです。生クリームを使うとコクが出ますが、わざわざ買いに行くのが面倒くさいですよね笑

粉チーズ 大さじ3

贅沢を言えばパルミジャーノ・レッジャーノ(本場イタリアのチーズ)を使えば味に深みが出ますが、一般家庭にそんなものはありません()

市販されているパルメザンチーズ(粉)で十分です。ちなみにとろけるチーズでも作れるそうですが・・・それは皆さんで試してみてください。

ベーコン 50g

ベーコンであれば何でもOK・・・ですが、できれば薄くスライスされていないブロックのベーコンがいいです。

ベーコンがなければ、ソーセージを細く切って代用してもいけますし、豚バラ肉に塩コショウで味付けしたものでもいけます笑

ちなみに本場ではパンチェッタ(豚バラの塩漬け)を使うそうですが、ふつう一般家庭にないです。

1cm幅ぐらいに切っておいてください。

オリーブオイル 適量

エクストラでもピュアでもどちらでも

ピュアの方がオリーブオイルの香りが少ないので、ピュアを使う人も多いみたいですね。

ちなみに本場ではラードやバターを使うそう。濃厚なものが好きな人はこちらでも良さそうですね。

にんにく 1かけ

何でも良いです。チューブのでも代用可能。最悪無くてもいけます。

包丁の背で潰した後、スライスしておきます。

塩・黒コショウ 適量

塩は何でもOK。コショウは必ず黒コショウです。

コショウはその場で削る方をお勧めしますが、無ければ普通のものでも。

塩コショウはオススメしません。

つくりかた

1.オリーブオイルにニンニクの香りをうつす

冷たいフライパンの上に、オリーブオイルを適量(大さじ1.5ぐらい?)いれます。

そして火をつけないまま、ニンニクを入れます

ニンニクを入れたら、超弱火でニンニクから香りが出るまで炒めていきます。

(どちらにしても、ニンニクが焦げない温度で炒めることが重要です。)

アーリオオーリオ(ペペロンチーノの唐辛子抜き)の動画が非常に参考になりますので、一緒に貼っておきます。(約1:50〜)

2.ベーコンを炒める

ほんの少し火を強くして、ベーコンを投入します。

ニンニクをそのままにしておくと焦げてしまうので、ベーコンの上に避難させておきましょう。

bacon1

両面カリカリになって、ベーコンからたくさん油が出て来たら、オリーブオイルを乳化&ベーコンから出汁を取るためにパスタの茹で汁を大さじ2~3杯加えます。

bacon3

(上の動画4:27〜を参考)

そしてよく混ぜて、少し水分量が減るまで煮詰めます。

3.牛乳を加えて、卵黄・チーズを加える

水分量が減ってきたところで、牛乳を加えて軽く混ぜます。

bacon4

そしてほんの少し泡が立つ(立てすぎて膜が出ないように)ぐらいで火を止めます。

bacon5

新しくボールを用意して、そこに卵黄、粉チーズ(大さじ3)を入れます。

egg2

さらに黒コショウと

egg3

塩を加えて

egg4

先ほどの牛乳とベーコンのソースを入れて混ぜます。

mix1

(ベーコンの塩加減がわからない場合は、塩は入れずに後で加えましょう。)

(これら全てをフライパン上で行ってもいいですが、火を止め、熱を取ってからの方が良いです。火が強すぎるとそぼろナーラが出来上がります。)

4.パスタを加えて、できあがり!

ボールの中に茹で上がったパスタを入れて、混ぜます。

mix3

この時、卵黄をもう一つ加えても濃厚で美味しいですよ。

(その時は、パスタの中心に卵黄を落として、菜箸で上から刺してから混ぜるようにすると良いです。)

その後はお皿の上に盛り付けて、お好みで黒コショウ、チーズを加えて完成です♪

mix4

より本格的なカルボナーラを目指す方へ

より本場の本格的なカルボナーラを目指す人のために食材をまとめておきます。

特別な日などに、ぜひチャレンジしてみてください!

参考

今回のレシピをつくる上で参考にしたサイトを貼っておきます。

牛乳で作る絶対失敗しないかんたんカルボナーラ

→本レシピの元になっているレシピ。全てフライパンの上で完結するので、洗う手間が省けます。

生クリームなしで抜群に美味い!本場イタリアのカルボナーラの作り方

→本格的なカルボナーラの作り方をまとめているブログです。

The following two tabs change content below.
マーケティングとマジック好き
外資メーカー就職(予定)
大阪→東京(予定)
読書、アコギ、バスケ、アニメなど
標準化こそ正義
You can share this page !
スポンサーリンク
pcpromotion




スポンサーリンク
pcpromotion