Marketing一覧

ミジンコでもわかるマーケティング論のノート:4P’s分析 Prduct(製品)

製品は「製品の核」「製品の形態」「製品の付随機能」の3つで構成され、同じ系統の製品を販売する場合は、プロダクト・ミックスが必要になる。

ミジンコでもわかるマーケティング論のノート:標的市場(ターゲット)の設定

誰に」売るかを決めるための4つの基準、地理的基準、人口統計基準、心理的基準、行動基準。測定可能性、接近可能性、維持可能性、実行可能性という4つの可能性の検討。ターゲットの同質性、ターゲットの操作性、ターゲットの規模での細分化。

ミジンコでもわかるマーケティング論のノート: マーケティングの全体像

誰に、何を、どのように売るかがマーケティングの基本。まずターゲット、標的市場を定める。次に製品コンセプト価格、ポジショニングの決定。最後にどのように顧客に届けるか。

ミジンコでもわかるマーケティング論のノート:マーケティングとセリングの違い

SelingとMarketingの違い。マーケティングは販売の計画を立てることだが、お客さん(=買い手)の立ち場から考えなければならない。

ミジンコでもわかるマーケティング論のノート:マーケティングとは

企業は財市場に製品やサービスを売って利益を得る。企業は、製品やサービスを資本市場から買う。資本市場に払うお金(=支出)より、財市場から得られるお金(=収入)の方が大きくないとダメ。計画にそって販売を行う必要。その計画がマーケティング。

スポンサーリンク
pcpromotion