一度見て欲しい”有名” “レジェンド” マジシャン30選 動画付

       
   

すごいマジシャン、まとめました

お久しぶりです。

最近はトランプを切ったり貼ったりして遊んでいる伊藤です。

この前、サークルの1年生達の演技を見させてもらいました。

モチベーションが高くて尊敬するとともに

これまであまりマジシャンの演技を見ていない、そんな印象を受けました

実際に話を聞いてみると「どんなマジシャンがいるのか知らない」とのこと

じゃあ、どんな人がいるのか、記事にまとめてみよう!ということでまとめました。

選出基準

「思いついた順」です。

僕の知っているマジシャンが多くなっちゃいます。

でも、紹介するマジシャンにある程度多様性を持たせたいので

  • マジシャン10人いたら6〜7人は「聞いたことがある」と答える
  • マジック界に何かしら影響を与えた
  • この人と言えば「コレ!」というものがある
  • Youtubeに動画がある
  • 何となく知っておいて欲しい

あたりをぼんやり頭に浮かべながら、まとめました。(当てはまらなくても怒らないでね)

あと、マジシャンによっては、主観で面白いと思った手品名を2つ3つ載せています。

よかったら何かの参考にしてください。

“特に”僕の好きなマジシャン10人!

特に僕が影響された、好きなマジシャンを10人紹介します。

 

1:ダイ・バーノン /Dai Vernon

 

 

この人は外せないでしょう。

バーノンがいなければマジックの歴史は100年遅れていた」という言葉もあるほど、影響力のある偉大なマジシャン。

近代マジックの祖、プロフェッサーとも呼ばれており、そのマジックは今でも色褪せることありません。

テクニック、話術、ミスディレクション、演技理論についても今見ても勉強になることばかり。「Be natural」なんて有名な言葉もあるぐらい

プロフェッサーの演じるマジックはその巧妙な構成から「何もしていないのに不思議なことが起こった」風に見えます

そのような雰囲気のあるマジックを「バーノンタッチ」の効いたマジックと呼んだり

ダイ・バーノンの素晴らしいマジック

  • スリーカード・モンテ
  • チャイニーズ・クラシック
  • カップ&ボール ルーティーン

2:ダロー /Daryl

 

 

最も影響を受けたマジシャン。この人がいないと僕のマジックも大きく変わっていた。

カードマジック、スポンジマジック、雰囲気や手品の構成などはかなり真似させてもらっているなぁ。

彼のアンビシャスカードは、ぜひ一度見て欲しい。

マジックを見ている人たちみんなが笑顔になれるような

そんなユーモアもあって、でもマジックの不思議さも十二分にある

まさに“エンターテイナー”という言葉がピッタリのマジシャンだと思います。

2017年、非常に残念ながらお亡くなりになりましたが

これからもマジシャンの演技の中で”レジェンド”として生き続けるでしょう。

ダローの素晴らしいマジック

  • スポンジボール・ルーティーン
  • アンビシャス・カードルーティーン
  • 3FLY

3:デビッド・ロス/ David・Roth

 

 

「コインマジックの神様」

コインマジックをやっている人でこの人を知らなかったらモグリ

それぐらいあらゆるレクチャー本に紹介されています。

ウィングドシルバー/チンカチンクは本当に名作。

そしてポータブルホールはさらに名作。

とりあえずシルバーハーフダラーとこの人の動画を見たら、もうその瞬間からコインマンの仲間入りです。

デビッド・ロスの素晴らしいマジック

  • ウィングド・シルバー
  • チンカ・チンク
  • ポータブル・ホール

4:マーチン・ルイス/Martin Lewis

 

描いた絵が動くマジック、カーディオグラフィックが有名。

どういう発想をすればそんなマジックを生みだせるのか、まさに天才。

他にもエッグバッグやサイドウォークシャッフルなども有名。

比較的遠くから演じる“サロンマジック”のレジェンドではないでしょうか。

演じるマジックも何だかユーモア溢れて、楽しくなる、そんなものが多い印象

是非サロンマジックをやる人は彼の手品を一通り学んでみてください。

マーチン・ルイスの素晴らしいマジック

  • サイドウォーク・シャッフル
  • エッグバッグ・ルーティーン
  • ビッグ・コイン・プロダクション

5:マックス・メイビン/Max Mavin

 

 

マックス・メイビンはステージ名。本名はフィル・ゴールドスタイン。

とにかく動画を見て欲しい。超”不思議”

Daigoでおなじみメンタルマジックの第一人者と言われています。

あの異様なヘアスタイルと、目力だと、何だか本当に心を読まれているような

未来を見据えていそうな、そんな風に感じてしまう。

メンタルマジックに興味がある人は、是非一度ご覧になってください。

マックス・メイビンの素晴らしいマジック

  • Bウェーブ
  • ナッシング
  • 新幹線

6:デビッド・ウィリアムソン/ David Williamson

 

トークでこの人の右に出る人いる?ってぐらい話がうまいマジシャン

普通”煽り”って難しい技術なんだけど、この人のは全然不快にならない。

もちろんマジックもテクニカルなんだけど、それを全く見せないコメディカルさ

数十人相手にトランプ1つ、ポロシャツ1枚でマジックを見せるって相当だよね。

ここでは紹介しないけど、ぜひラクーンの動画も見て欲しい。めちゃくちゃオモロイから。

デビッド・ウィリアムソンの素晴らしいマジック

  • トーン&リストア
  • カードインマウス
  • ロッキー・ラクーン

7:デビッド・ストーン/David Stone

 

テクニックもトークも全部凄いけど、この人と言えば“テーブルホップ”のイメージ

レストランでこの人が出てきたら、何食べたか忘れてしまうだろう。

特にコインマジックはこの人にすごい影響されてます。

上の動画はもう何十回も繰り返して見たなぁ・・・

この人のDVDは本当にオススメ、一回見てみよう!

デビッド・ストーンのお気に入りマジック

  • バイトミー
  • コイン・グラス
  • クロスド

8:前田知洋

 

もう日本国内で殿堂入りでしょっていうマジシャン

一言で言うなら“オシャレ”とか”上品”あたりかなぁ。

言葉がとても知性的・丁寧で、常に観客への気配りを忘れない、でもクスッとなるユーモアもある。

手品の幅も広くて、クロースがメインだけどサロンマジックも面白いです。

前田知洋の素晴らしいマジック

  • アンビシャスカード
  • タイクーン・エーセス

9:ゆうきとも

 

この人の演技、よく真似させてもらっています。

上にあげたマジシャンに比べてニュートラルというか、癖がないというか

“落ち着いた演技”って言われたら、ゆうきともさんを真っ先に思い浮かべます。

monthly magic lessonという、大ボリュームのマジック解説シリーズだったり

数多くの書籍も残されているので、耳にされた人も多いのではないでしょうか

オリジナルマジックも”賢い”解決策が多く、どこかバーノンタッチに近いものを感じます。

ゆうきともの素晴らしいマジック

  • フラッシュバック
  • ワイルドワイフ
  • 3/4の談話

10:ホアン・タマリッツ/Juan Tamariz

近代マジックの祖がバーノンなら、“現代”マジックの祖はタマリッツかもしれません

演技は”賑やか”で”ハチャメチャ”

しかしその裏に隠された恐ろしいまでの綿密な論理

とりわけ”ミスディレクション”の力の強さを知ったのはタマリッツの理論によるものです。

“知っていても騙される”そんなマジシャンとも言えるかもしれません。

僕も彼から山ほど勉強しなければ・・・

 

ちょっと趣向を変えて

上の人たちとは少し系統が違うマジシャンを10人紹介するよ!

11:ダン&デイブ/Dan & Dave

 

 

フラリッシュ(カードをジャグリングのように華麗に操る技術)の第一人者達

動画はマジック集を選んでみましたが、ぜひフラリッシュの動画も見て欲しい。

その華麗な手さばきに見とれた人は多いはず。

僕も中学生の時にみて「カッケェ!!!!」と感動していました。

めちゃくちゃ難しいけど、得られるものは多いはず。

ダン&デイブの素晴らしいマジック

  • The Queens
  • Twinsplit Remix

12:ポン太 the スミス

 

 

コインマジックも極めるとここまでいくのだろうか。

僕がコインマジックに惚れたのもこの人のおかげです。

昨今のビジュアル性の高いコインマジックの”流行り”をつくった人だと思う。

実際に見ると思わず「CGだろ!」と叫んでしまう、そんなマジック達。

この人のYoutubeリストを全部見てみてください。

明日にはワンダラーコインを購入し、コインマンに変わっていることでしょう。

ポン太 the スミスの素晴らしいマジック

  • ニュー天海ペニー
  • ウィングドシルバー
  • マトリックス

13:レナート・グリーン/ Lennart Green

 

FISM(マジックの世界大会)で、何の仕掛けもないトランプを使っていたのに

仕掛けがあることを疑われる、そんなトンデモ話を持つマジシャン。

いや、でもわかるよ。「仕掛けないとできないじゃん!」って思うもん。

そんな彼のマジックの代名詞「レーザーディール」はあまりにも有名

あと、みんなが最初にハマる「トップショット」もこの人発祥だよ。

レナート・グリーンの素晴らしいマジック

  • レーザーディール
  • ストールン・カード

14:ピエリック/Pierric

 2015年のFISMでグランプリをとったマジシャン

とても焦ったように見える演技が面白いですよね。

クロースアップの道具を使った、サロン寄りのマジックでしょうか。

マジシャン視点から見ても面白い内容なので、ぜひ一度見て欲しいです。

15:ヤン・フリッシュ/Yann Frish

 

初めて動画を見た時に衝撃を受けた人。

まさに超絶技巧。でも技術だけじゃなくてその裏に巧妙なミスディレクションがある。

ラッピングの神様って言っても過言じゃないんじゃなかろうか。

この人に憧れてスポンジのルーティーンを構成したぐらい。

動画は2012年のFISMアクトだけど、ぜひ2015年のも見て欲しい。

浮いてるから。ほんと、浮いてるから。

16:ふじいあきら

「口からトランプを出すコメディアン」のイメージが強いかもしれないですが

実際は超絶技巧派のマジシャンでもあります。

カードもコインもマニアが見て唸るものばかり

パスの動画には何度も何度もお世話になりました。

ふじいあきらのお気に入りマジック

  • ジェットコイン
  • 飛ぶウルトラマン
  • 口からトランプ

17:シン・リム/Shin Lim

2015年のFISMカード部門で天下を取ったマジシャン

1992年生まれという若さで世界一はもはや天才

口から煙が出てくる時は「ウォオオ」となりました。

コンテストアクトはもちろん、クロースもうますぎる人

18:ダニ・ダオルティス/Dani DaOrtiz

スペインの奇才。上で挙げたホアン・タマリッツの後継者とも。

確かにタマリッツと演技スタイルは似ているのですが

それでも技術の難易度は神様レベル。絶対に真似できない。

恰幅のいいスタイルに独特な髪型も師匠に似たのでしょうか・・・

ダニ・ダオルティスのお気に入りマジック

  • オープントライアンフ

19:エリック・ジョーンズ/Eric Jones

 

コインマンの中で誰が好き?って聞かれると、この人が思い浮かびます。

さも簡単そうに手品をやるけれど、その手の裏にはありえないテクニックがたくさん

めちゃくちゃ難しいんだけど、練習して人に見せたい・・・!

そんな実用的なトリックをたくさん公開しているのも好きな理由なのかもしれません。

コインマジックが好きならぜひ調べてみましょう

エリックジョーンズのお気に入りマジック

  • カラテコイン
  • ミラージュ・エ・トロワ
  • サンドイッチカード

20:ホレット・ウー/Horret Wu

 

 

台湾のマジシャンで、2015年のカード部門で上のシン・リムと同着1位

ビックカードを使ったマジックはありそうでなかったよね。

カードが大きくなったり小さくなったりと、見てて絶対に飽きないアクトです。

最近は台湾や韓国のマジシャンの勢いがすごいですね。

 

ステージとイリュージョンを少し紹介

クロースとサロンがメインの僕ですが、そんな僕でも

「聞いたことある!」マジシャンを10人集めてみました。

21:デビッド・カッパーフィールド/David Copperfield

 

 

「世界一のマジシャンは?」という問いに対して、一つの回答になりうるのは

デビッド・カッパーフィールドなのかもしれません。

というのも、マジシャンの中で最も稼いでいるマジシャンだから。

フォーブ誌の世界の長者番付で名前が出るマジシャンってこの人ぐらい?

もちろんそれだけお金をもらえる腕前があって、しかも派手&不思議

空を飛んだり、自由の女神を消したり、まさに”魔法使い”ですね。

22:クリス・エンジェル/Criss Angel

 

イリュージョンとしてはこの人も有名じゃないかなぁ。

人体切断とか、水の上を歩くとかを平気でやってのける人

上の動画とか”閲覧注意”タグが付いてもおかしくないかもしれない。

23:デビッド・ブレイン/David Brain

 

 

脱出王「ハリー・フーディーニ」に最も近い、なんて言葉があったり

上の動画は水中での息止めまでの記録を語ったもの

脱出系だけでなく、ストリートマジックとしても有名

24:セロ/Cyril

 

 

日本でイリュージョンと言えばこの人でしょう。

ちっちゃい時にテレビで見ては「スゲーっ!!!」と叫んでいた記憶

実際僕も生で見たことありますが、やっぱりオーラがありました。

それにファンにも凄い優しいしね!

フジテレビでの一件依頼、メディア露出が減っているけど、またテレビでの超奇跡が見たいなぁ。

25:ペン&テラー/ Penn & Teller

 

 

ラスベガスで活躍するマジシャン2人組

毒舌で大男のペンと、絶対に喋らない小さなテラーの凹凸コンビ

カップ&ボールを2人でやって、しかもそれを種明かしするというユーモアさ

けど、何だろう、いい方向に面白くしているんだよね。

これも現代のマジックの一つの見せ方でしょう。

また、「Penn&Teller:Fool us」という番組も製作していて

これが色々なマジシャンが紹介されていてとても面白いです。

26:加藤 陽

 

 

日本人で2009年のFISMのマニピュレーション部門1位という快挙

しかも大学生で取っちゃうんだから凄いよね・・・

日本の大学マジックの可能性を一気に広げたという意味でも偉大。

ウォンドとシンブルを使ったスピーディなステージマジックがかっこいいです。

27:ユ・ホジン/Yu Hojin

 

 

FISM2012でグランプリ、しかもアジア人初という快挙を成し遂げた凄い人

ステージは特に韓国が強いイメージがありますね。

実際に動画を見てみると、めちゃくちゃ”お洒落”

ゆったりとした音楽の中、しんみりとマニピュレーションを行う姿は

クロースアップには表現できない領域かもしれませんね。

28:ハン・ソルヒ/Han Seol Hui

 

 

日本のTVで紹介されていたのを思い出して

2009年のマニピュレーション部門で1位の演技

上の2人とは打って変わってノリの激しいステージですよね。

終盤のステージの盛り上がりがすごい!

29:SOMA

 

 

電話を使ったアクトで有名な人

というか2009年のFISMでグランプリとってる凄い人

カバンから腕が出てきたり、胸から黒電話出したり

ステージマジックなんだけど、ユーモアが光るし、ストーリーがあるよね。

 

30:ボロニ/voroni

 

以前の記事でも紹介したので今回も紹介

上の4人に比べて、また系統の違うステージマジックですね

コメディカルでお洒落、「クスッ」と笑えるアクト

あの単調な音楽が頭に残ります

終わりに

さて、これで30人のマジシャンの紹介が終わりました!

どのマジシャンもインスパイアされるのに十分な人ばかり

正直、まだ紹介し足りないのですが、キリがいいのでこれぐらいに。

世界中には魅力的で、不思議と楽しさを提供しているマジシャンがまだまだいます。

YoutubeやTVなどのメディアには出ずとも、日々素晴らしい演技をしている人もたくさん

これからも素晴らしいマジシャンをブログで紹介できたらなぁと思います

是非、皆さんも数多くのマジシャンを知って、そして演じて、幅広いマジックの世界を楽しんでね!

よかったら、皆さんのお気に入りのマジシャンをコメント欄に書き込んでくれると幸いです。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!

参考サイト

マジシャンを探すにあたって参考になったサイトを掲載しておきます。

フレンチドロップ:マジシャン一覧

→DVDや書籍を出していたり、著名なマジシャンが50音・アルファベット順でまとめられています。

マジェイアの魔法都市案内:マジシャン紹介

→クラシックなマジシャンを中心に丁寧にまとめられています

奇術の詩の子供たち:マジック資料庫

→上と同様クラシックなマジシャン中心

プリンあらモード Magicians

→日本のマジシャン、世界のマジシャンを紹介

スティングのマジック玉手箱

→”マジシャン・オブ・ザ・イヤー歴代受賞者”や”FISM 歴代グランプリ受賞者“など

Wikipedia:マジシャンの一覧

→Wikipediaのマジシャン紹介

The Society of american magician:Find a magician

→全米マジシャンズ協会(SAM)のマジシャン検索、全世界のマジシャンを検索できます

Penn & Teller:Fool Us 人気の動画

→多くのマジシャンが紹介。シーズン毎の再生リストもあるみたい

America’s got Talent “magic”

→世界最先端、鳥肌の立つようなマジックの動画集

Britain’s Got Talent:magic“も規模が大きいのでオススメ

Popular Le plus grand cabaret du monde & Magic videos

→フランスの有名なショーのTV番組。FISM優勝者などの動画多数。

TED:magic

→TEDのマジック関連動画

 

 

コメントを残す

*