ミジンコでもわかるマーケティング論のノート:マーケティングとセリングの違い

企業にとって一番大事な「販売」をもう少し詳しく

前回のノートでは、企業において販売を行うことが重要で

その販売の計画を立てることがマーケティングあると説明しました。

参考 ミジンコでもわかるマーケティング論のノート:マーケティングとは

それでは、その「販売」とは一体どういうことなのでしょうか?

このノートではその点について言及しようと思います。

「Selling」と「Marketing」の違い

そもそも、販売を英語に訳しても、「Marketing」とは訳されません。

純粋に「Selling」と訳されます。

となると、「Marketing」と「Selling」の違いとは一体何なのでしょうか。

この違いは、売り手と買い手の視点の違いにあります。

「Selling」とは、売り手の視点から販売を訳したもの。

黄「Marketing」とは、買い手の視点から販売を訳したもの。

今日、何を買って何を買わないかは、全て買い手の判断に委ねられます。

買い手が買いたいと思ってくれないと買ってくれないのです。

ということは、買い手の立場から考えることの方が重要なんですよね。

売り手の立場から、自己中心的に商品を売っていても売れないのです。

マーケティングとは、買い手の立ち場から売り手の活動を考えるのです。

もっとわかりやすく言えば

「お客さんの立ち場に立ってどう売るか考える」ことがマーケティングなのです。

余談ですが、顧客中心主義で有名な経営学者であるドラッカー先生も次のように述べています。

「マーケティングの究極目標はセリングを不必要にすることである。」(ドラッカー[1974])

まとめ

さて、今回の記事は短いですが簡単にまとめておくと

  • マーケティングは販売の計画を立てることだが、お客さん(=買い手)の立ち場から考えなければならない。

ということになります。

それでは最後までありがとうございました。

参考文献

こちらの本の第6章、マーケティング戦略を参考にしました。

P.F.ドラッカーの伝える経営学の本質、エッセンスをまとめた本。マーケティングについてはその第1章で述べられていることからも、マーケティングの重要性が見て取れます。

ドリル(=モノ)を売るのではなく、ドリルによってあける穴(=ドリルの価値)を売れということ。買い手の立ち場に基づいた考えです。

The following two tabs change content below.
マーケティングとマジック好き
外資メーカー就職(予定)
大阪→東京(予定)
読書、アコギ、バスケ、アニメなど
標準化こそ正義
You can share this page !
スポンサーリンク
pcpromotion