ミジンコでもわかるマーケティング論のノート:マーケティングミックスとSWOT分析

いよいよ全てをミックスして考えます。

マーケティングとは、商品を「誰に」「何を」「どのように」売るか考えることです。

「誰に」は標的市場(=ターゲット)の策定です。

「何を」は4P’s分析のうち「Product(製品)」と「Price(価格)」でした。

「どのように」は4P’s分析のうち「Promotion(宣伝)」と「Place(流通)」です。

これら全ての手法に関しては既に述べましたので、気になる方は目次よりご覧ください。

それでは、最後にマーケティング・ミックスについて考えていきましょう。

標的市場(ターゲット)の決定

まずは誰に売りたいのか、それを決定します。

以下の項目を基準に決定しましょう。

  • 地理的基準
  • 人口統計基準
  • 心理的基準
  • 行動基準
  • 信頼できるデータが得られるかどうか
  • 実際にそのターゲットに販売できるかどうか
  • 定期的に収入を得られるターゲットかどうか
  • 販売以外の活動も(宣伝など)行えるかどうか

ターゲットが具体的に定まったら、次は製品コンセプトとポジショニングを具体化します。

製品コンセプトの具体化

「Product(製品)」および「Price(価格)」分析より、製品コンセプトを具体化します。

考えるべき項目は主に以下の内容です。

  • 自社の提供する製品の「核(本質的サービス)」「形態」「付随機能」
  • 同じ形態の製品を販売している場合のプロダクト・ミックス
  • 消費財か非消費財かといった製品の特徴
  • 費用志向、競争志向、需要志向から決定した製品の価格
  • 支払い方法の決定

これら項目が、設定したターゲットにフィットするかどうか考えます。

もし、ターゲットにフィットしなければ、ターゲットの変更を余儀、もしくは製品そのもののコンセプトを変更する必要があります。

ポジショニングの具体化

「Promotion(宣伝)」および「Place(流通)」分析より、ポジショニングを具体化します。

考えるべき項目は主に以下の内容です。

  • 「広告・宣伝」何を使って広告、宣伝を行うのか
  • 「営業」どんな営業を誰に行ってもらうのか
  • 「広報」口コミで広まりやすいように、ブームや悪評への即座の対応
  • 「販売促進」お客さんに買ってもらえるもう一押し
  • 中間業者を挟む場合、プッシュ戦略かプル戦略か
  • どのような方法(小売業者)を使って販売するか
  • 販売場所の数をどうするか、中間業者の数をどうするか
  • 中間業者を挟む場合、その先の小売業者まで管理するかどうか
  • 延期(オーダメイド)にすべきか投機(事前準備)にすべきか

そしてこれら項目が、設定したターゲットにフィットするかどうか考えます。

もし、ターゲットにフィットしなければ、ターゲットの変更、もしくはポジショニングの変更を考えます。

フィットしているかどうかはSWOT分析で

製品コンセプトおよびポジショニングと、ターゲットがフィットしているかどうか考える、と簡単に言いましたが、これがかなり厄介です。

そもそもターゲットにフィットしているかどうかは、実際に試してみないと意味がないわけですから。

しかし、それを手助けするのに有効な考え方として、SWOT分析というものがあります。

これは、強み(Strength)、弱み(Weakness)、機会(Opportunity)、脅威(Threat)のそれぞれの頭文字を取ったものです。

もう少し詳しくみてみましょう。

Strength(強み):ターゲットに対し、誰に負けない点、これだけは勝てる!という所

Weakness(弱み):ターゲットに対し、競合他社に比べて欠けている所

Opportunity(機会):ターゲットに対し、自社の製品を売るのにタイミングの良さ

Threat(脅威):競合他社、その他自社製品の販売を妨げるもの

これらを考慮し、実際にグラフ化することで、自社の製品コンセプトおよびポジショニングが、標的市場に合っているのかどうかを確かめることができるのです。

以下のサイトでは、より詳しく実例を交えながらSWOT分析を紹介しているので、深く知りたい方は是非参考にしましょう。

参考 カイロスのマーケティングブログ:SWOT分析と3C分析は何が違うの?

さあ、実践しよう!

これまででマーケティングの基本的な部分は全てお話ししました。

これまでの内容を全て使って、実際に文に起こせば、かなり現実味のある内容となっているはずです。

そしてそれを実際に行動に移してみましょう。

そうすれば必ず「思ったようにいかない・・・」という所が出てくるはずです。

そんな時はまた内容をふりかえり、微調整を行っていくのです。

そして、ここのシリーズではマーケティングの基本の「き」しか書けていません。

ここに書いた方法以外にも様々なマーケティング手法が存在します。

実際に商品を販売しながら、そこから得た知識をフィードバックし、新しいマーケティング手法を取り入れる、その作業がマーケターには必要なのではないかと思います。

The following two tabs change content below.
マーケティングとマジック好き
外資メーカー就職(予定)
大阪→東京(予定)
読書、アコギ、バスケ、アニメなど
標準化こそ正義
You can share this page !
スポンサーリンク
pcpromotion