ミジンコでもわかるマーケティング論のノート:4P’s分析 Promotion(宣伝)

Promotion(プロモーション)戦略として「広告・宣伝」「営業」「広報」「販売促進」の4つの手法を紹介。商品の流れというマクロの視点から見ればプッシュ戦略とプル戦略という考え方もあることを紹介。

ミジンコでもわかるマーケティング論のノート:4P’s分析 Price(価格)

費用志向、競争志向、需要志向の3つの視点からの価格の決定。支払方法についても、様々な方法がある。できる限り非価格競争で製品を売ることがマーケティングには必要。

ミジンコでもわかるマーケティング論のノート:4P’s分析 Prduct(製品)

製品は「製品の核」「製品の形態」「製品の付随機能」の3つで構成され、同じ系統の製品を販売する場合は、プロダクト・ミックスが必要になる。

ミジンコでもわかるマーケティング論のノート:標的市場(ターゲット)の設定

誰に」売るかを決めるための4つの基準、地理的基準、人口統計基準、心理的基準、行動基準。測定可能性、接近可能性、維持可能性、実行可能性という4つの可能性の検討。ターゲットの同質性、ターゲットの操作性、ターゲットの規模での細分化。

ミジンコでもわかるマーケティング論のノート: マーケティングの全体像

誰に、何を、どのように売るかがマーケティングの基本。まずターゲット、標的市場を定める。次に製品コンセプト価格、ポジショニングの決定。最後にどのように顧客に届けるか。

ミジンコでもわかるマーケティング論のノート:マーケティングとセリングの違い

SelingとMarketingの違い。マーケティングは販売の計画を立てることだが、お客さん(=買い手)の立ち場から考えなければならない。

ミジンコでもわかるマーケティング論のノート:マーケティングとは

企業は財市場に製品やサービスを売って利益を得る。企業は、製品やサービスを資本市場から買う。資本市場に払うお金(=支出)より、財市場から得られるお金(=収入)の方が大きくないとダメ。計画にそって販売を行う必要。その計画がマーケティング。

若手のアマチュアマジシャンを分析してわかったこと

若手のアマチュアマジシャン≒私 食事に旅の記事が続いたので、次はマジックに関する真面目な記事でも。 現在私は関西のとある大学で...

市大生なら一度は行こう、杉本町長崎堂のカステラ

大阪市立大大学のすぐ近く、あびこへ向かう途中にあります 今日、新しく大学の近くにあるカステラ屋?に入ってみました。 心斎橋に本...

京都大学の学園祭より:京大生おすすめ「つけ麺マン」本店レビュー

京都大学の学祭に行ってきました。 今週の月曜日、京都大学の学園祭に行ってきました。 京阪電車の終着駅、出町柳駅から降りて徒歩1...

スポンサーリンク
pcpromotion