【期間限定】六甲山の”ブナカフェ”のハンモックで揺られてきたよ

六甲山の植物園にあるハンモックのあるカフェ♪

最近、教習にかよいはじめた伊藤です。

アニメ見て、卒論の本読んで、教習へ行く

そんなルーチーンワークに嫌気がさしたので、気分転換にと六甲山に行ってきました。

目標は六甲山の植物園にある、期間限定の“ブナカフェ”のハンモックに揺られること

今回の記事はそんな旅の記録です。

六甲駅からケーブルを使って六甲三へ

阪急梅田から揺られること20分ちょっと。

阪急六甲駅からバスで“六甲ケーブル下駅”まで向かいます。

Roccocable

夏休みの日曜日なので結構人がいました

チケットは”表六甲周遊乗車券”を購入。大人一人1350円です。

c.f 六甲山ポータルサイト:お得な乗車券

Rokkocablecar

六甲ケーブルレトロでかわいい

六甲ケーブルに揺られること約10分、六甲山上駅に到着!

そこからバスに乗って“高山植物園”バス停で下車します。

綺麗な花と緑に覆われた植物園、そして目的のカフェへ!

Rokkoshokubutuka

植物園前にはこんな看板が立ってます

目的のブナカフェは入り口からすこーし歩いて、小便小僧広場の近く

Roccoshoubenkozo

小便小僧が見えたら、少し歩くと

Bunacafe

カフェ、というよりかは屋台っていう感じ

やっぱり日曜日なのかチラホラ人がいます

けど、運よくハンモックは空いてました♪

Bunacafe1

カラフルでかわいいハンモック

Bunacafe2

ハンモックのゆらゆら感さいこう!

Bunacafe4

フレーバソーダ?とかいう飲み物 ハーブとか入ってるらしいけど

ぶっちゃけこれリアルゴールド

Bunacafe3

ハンモックからの木漏れ日はとっても綺麗

と、こんな感じで、雰囲気も良くて楽しめました!

ただ、注意点をあげるとするならば

  • “カフェ”だけどスタバレベルの質ではない、飲み物より雰囲気を楽しむもの
  • 人が多いと「ハンモック譲らないと」っていう気分になるので落ち着かない

ハンモックで木漏れ日を浴びながら寝落ちしたいなら平日に行くべきかなぁ

植物園を回って、ガーデンテラスへ

ぶっちゃけ、当初はブナカフェさえ行けたらと思ってたんですが

途中の植物園も花がとても綺麗で、思わずシャッターをたくさん切っちゃいました

Roccoyuri

“ヤマユリ”っていう花らしい 綺麗だけど黒のブツブツがちょっとキモい

マリメッコ感がないでもない

Rokkobeepeg

ちょうど見頃な”ヒゴタイ”の花にモフモフのミツバチ

Rokkodragonfly

川辺を歩くとトンボが止まってたり

Rokkoplant

こんなかわいい花が咲いていたりと、写真心をくすぐられる場所ばかり

植物園を出た後は、六甲山上バスに乗って“六甲ガーデンテラス”

ホルティっていうお土産屋さんで珍しいコーラを購入

Galbaninacolarokko

味はよくあるコーラのグミの味?

ガルバニーナっていうイタリアの炭酸飲料ブランドみたい

オーガニック系でお洒落なお土産が多かった印象 さすが兵庫やね

そして、展望台からの眺めはとっっっっても綺麗

Rokkofukei2

ちょーっと曇ってたけど気にならないレベル

夜景を待つには少し時間が長かったので、惜しくも帰路につくことにしました。

大阪から阪急電車で1時間もかからないくらい

是非残りの夏休み、足を運んでみてはいかがでしょうか?

ちなみに六甲ブナカフェは8/31(木)まで楽しめるようですよ♪

参考リンク

六甲山ポータルサイト Rokkosan.com

→ アクセスとか料金とか全部ここに書いてました。

GALVANINA(ガルバニーナ)

→ ガルバニーナ炭酸飲料について詳しく知りたい場合はこちら。

The following two tabs change content below.
マーケティングとマジック好き
外資メーカー就職(予定)
大阪→東京(予定)
読書、アコギ、バスケ、アニメなど
標準化こそ正義
You can share this page !
スポンサーリンク
pcpromotion




スポンサーリンク
pcpromotion