『金融のしくみは全部ロスチャイルドが作った』レビュー

ついこの前読んでいた本が面白かったのでご紹介。

タイトルが『金融のしくみは全部ロスチャイルド作った』という本。

出版は人間×宇宙×愛の五次元文庫。

・・・胡散臭い・・・

でもね、陰謀論とか、オカルトとか、そこら辺大好き。

実際に読んでみたらかなり内容がしっかりした本でした。

この記事では、その中でも印象に残っている所を紹介したいと思います。

『お金の歴史』がとてもわかりやすい。

kin

この本は9章構成なんですが、その第1章の『お金の歴史』がとても面白いです。

皆さんはお金について学校でどのくらい勉強しました?

私の記憶では、中学校の公民に出てくる『貨幣の役割』が一番最初に学ぶお金の勉強でしょうか。「価値の尺度、交換手段、価値貯蔵手段」とか勉強しましたよね。

で、その次にはもう銀行の話が出てきます。政府の銀行(中央銀行)とか、民間銀行、さらには直接金融とか関節金融とか、そこら辺。

この章では、そこをもっと掘り下げて、具体例を用いながら解説しています。

たとえば、物々交換から貨幣という概念が生まれた時、最初に貨幣として使われていたのは貝殻でした。それは当時希少性があったためです。

しかし、貝殻は比較的壊れやすいということから、貯蔵の期間が長い貴金属へと移りかわりました。

金属の重さで価値を判断していたわけですが、そうすると不純物を混ぜる輩が出てきます。

ということで、政府がコインをつくるようになった・・・

ここまで深く先生が教えてくれたら、金融に興味が持てただろうに・・・

信用創造とは銀行の詐欺行為である

kinyumura

お金の歴史についても面白いんですが、銀行についてもかなりわかりやすい解説をしてあります。

たとえば、信用創造なんて高校の政治経済で学びますけど、あれめちゃくちゃわかりにくいですよね。

友達に先生に質問ばかりした記憶があります笑

ややこしい数式ばかりですから、かなりめんどくさいですよね。

で、その原理をよりわかりやすく解説してあります。

その中で紹介されている寓話がとても面白いので引用しましょう。

ある平和な村を襲ったお金の悲劇

あるところに、自給自足をしていて、足りないものは物々交換で補っている100人ほどの小さな農村がありました。

そこへ、どこからともなく見知らぬ男が現れます。男は村中をブラブラしながら、しばらく村人たちの生活を観察していました。

素朴で疑うことを知らない村人たちは、不審な男へも笑顔で挨拶し、決して豊かとは言えない生活にもかかわらず、家の中に招いて食事をご馳走したり、寝場所を提供したりしてあげたりしました。

何日か過ぎて、男は村人を集めてこう話し出しました。

「皆さんは何て原始的な生活をしているのでしょう。私が良いモノを教えてあげましょう。」

そう言って、あるモノをみんなに配りはじめました。

「これはお金というものです。これを使えば交換がスムーズに行えますよ」

男は、野菜作りが得意な人には八百屋を、狩りが得意な人には肉屋を、釣りが得意な人には魚屋を、料理が得意な人にはレストランを、お菓子作りが好きな人にはケーキ屋を、花が好きな人には花屋を、手先の器用な人には大工を、きれい好きな人には掃除屋をと、各人がお店を開くことを勧めました。

それまでは自分の生活に必要なモノを各人がバラバラに作ったり調達したりしていたのですが、男が置いていったお金を使って交換をすることにより、それぞれが自分の得意なことや好きなことを活かして生活ができるようになりました

また、作業分担をすることにより、村人同士のつながりも密接になり、静かだった村に活気が出てきました。

1年が過ぎて、再び男が現れ、村人を集めてこう言いました。

「どうです? お金があると便利でしょ?申し遅れましたが、実は私、銀行家です。この前、皆さんに10万円ずつお貸ししました。来年、また来ますので、それまでに利子をつけて11万円を返してください。もし返していただけない場合は、お店の権利をいただくことになります」

お金のある生活にすっかり慣れてしまった村人たちは、昔のような自給自足の生活に戻る気はありません。お金を貸してくれた銀行家にお礼を支払うのは当然と、利子をつけて返済することを了承しました。

再び日常生活に戻り、いつも通りに商売に励む日々が続きました。

しかし、なんとなく手元のお金が気になります。すでに11万円持っている人は、お金を減らさないようできるだけ使わないことにしました。また、11万円持っていない人は、足りない分を何とか稼ごうと、もっと儲かる方法はないかとアイデアを捻りはじめました

返済日が近づくにつれ、11万円持っていない人は焦り始めます。

「どうしよう。このままだとお店を没収されてしまう……」

仕事の目的が、これまでのように人々が必要とするものを提供することではなく、お金を稼ぐことに変わっていきました。

そして、相手が必要としているかどうかなんて関係なく、とにかく売ってお金を儲けることを目指すようになります。

なんとなく村人同士の関係もギクシャクしてきました。

1年が過ぎ、銀行家は再び村へ戻ってきました。

「さぁ、皆さん、約束どおり、利子をつけてお金を返してください」

10万円を100人に貸したので、村にあるお金は1000万円です。しかし、銀行家へ返すお金の総額は1100万円。当然、返済できない人が出てきます。結局、村人の3分の1が返済できませんでした。村人の中に「勝ち組」と 「負け組」が誕生します。

銀行家は「負け組」の人たちに向かってこう言います。

「またお金を貸してあげてもいいのですが、皆さんはどうも商売が上手ではないようです。リスクが高いので、今度は利子を20%にして12万円を返してもらいます。ただし、今度こそ返していただけない場合は、お店の権利をもらいますよ」

銀行家は返済の誓約を得て、再び村人にお金を貸し付けていきました。

「では、また1年後に」・・・

引用元:巨大金融詐欺の原理

この本の言いたい所は全てこの寓話に含まれていると言っても過言ではないと思います。資本主義社会、中でも銀行家をかなり皮肉しているこの寓話。

この後、その銀行の原型をつくったのがロスチャイルド家だ・・・という主張が続いていきます。

後半は世界史の勉強にでも

なぜ銀行が誕生日したのか、そこまで話した後は、ロスチャイルド家やユダヤ人の関連性について、年代順に詳しく解説されていきます。

ここら辺になるともう本当かどうか、そのデータの出処が曖昧なので「こじつけじゃねぇか!」みたいなお話も出てきます笑

でも、なんだか本当っぽくも聞こえるので、ワクワクしたい方には楽しめるかも。

そうでない人も、世界史の復習の感じで気軽に読み通せると思います。

お金(貨幣論)、銀行(金融)、そして世界史と陰謀論を一気に学べる本、皆さんも一読してみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
マーケティングとマジック好き
外資メーカー就職(予定)
大阪→東京(予定)
読書、アコギ、バスケ、アニメなど
標準化こそ正義
You can share this page !
スポンサーリンク
pcpromotion




スポンサーリンク
pcpromotion