超簡単!台湾のジャンクフード魯肉飯を日本人向けにしてみた

そもそも魯肉飯って?

魯肉飯ってご存知ですか?

ルーローファンって読む、台湾の煮込み豚肉かけご飯のことで、わりと台湾ではメジャーに食べられるみたいです。

日本で近い食べ物と言えば、角煮丼というか、チャーシュー丼というか、牛丼というか・・・

昨年の夏休みに台湾に行って以来、この味が忘れられなくて、家でどうにか簡単に再現できないか試行錯誤しました。

で、最近かなり味が近づいてきたので、この記事でそのレシピを紹介しようと思います。

料理オンチでもできる簡単な料理なので、丼もの好きな人は是非ためしてみてください!

準備する材料と下処理

2人前を想定して材料を記しておきます。

豚バラ肉 150g

角煮に使われるやつですね。別にコマ切れでも全然OK。モモでもあっさりいけます。というか、脂身のある豚肉なら全部それっぽい味になります。あまり気にしないでOk。

で、これを5ミリ間隔ぐらいで刻んでいきます。5ミリ×5ミリの立方体を大量につくるイメージで。

しょうが 1カケ

しょうがを1カケ用意します。皮をむいてみじん切りしておきます。

ニンニク 1片

ニンニクを1片、というか好きなだけ。包丁の背で潰してからみじん切りします。

本来現地の魯肉飯にニンニクが入っていない方が多いと思いますが、個人的に入っている方が美味しいと思うので。

八角 1個

これが魯肉飯の味の決め手となります。あまり日本では目にしないスパイスですが、意外とスーパーなんかをのぞくとめちゃくちゃ安く売っています。

Amazonなんかでも200円とかそんぐらい。

粉バージョンとそのままの形のやつがありますが、お好みの方でいいと思います。

原型の方がより味が濃くでますね。その場合1個で十分なので注意してください。

八角が無い場合は五香粉でも代用可能です。

それも無い場合は、シナモンでなんとなくごまかすこともできます。

あごだし

トビウオから作られたダシである、粉末状のあごだしを使用します。

無い場合は普通の味の素なんかでいいんですが、あごだしが一番合います。

これを入れることで一気に日本風の味になります。

醤油 大さじ3〜3.5

砂糖 大さじ2.5

酒 大さじ2

酢 大さじ2

醤油と砂糖の分量を多くすることで、より日本人向けの味になります。

水 200~230cc

ゆで卵、半熟卵

入れると幸せな気持ちになれます。

作り方

1:鍋にごま油を入れて、ニンニク、しょうがから香りを引き出す。

必ず火にかける前に、みじん切りにしたごま油とニンニク、しょうがをいれましょう。

さらに弱火で焦げないように注意してください。

2:豚肉をいためる

5ミリ四方に切った豚肉を炒めます。火が通ってきたあたりで八角を入れます。

3:水、調味料を入れて煮込む

残った調味料を全ていれます。その後弱火で30分ぐらい煮込みますが、実際15分くらいからでも全然食べれます

また、ゆで卵がある場合はこのタイミングで入れておきましょう。

その際、ゆで卵を楊枝で穴をあけておくと味が染みていい感じになります。

水気が飛ばないぐらいの火加減で煮込んでください。水気が飛んだ場合は調味料を継ぎ足します。

4:ご飯にかけて完成!

できたてホカホカのご飯の上に、煮汁と一緒にぶちまけます。

そしてお好みで花椒( 中国山椒 )や七味、一味などの香辛料をかけて完成です♪

ru-rofan

参考

このレシピのベースはこちらのサイトのレシピになっています。

台湾の定番!魯肉飯(ルーローハン)!

理想はこの記事のお店の魯肉飯・・・まだまだ改善の余地がありそうです。

無計画大学生2人の台湾バックパック旅:生還編

The following two tabs change content below.
マーケティングとマジック好き
外資メーカー就職(予定)
大阪→東京(予定)
読書、アコギ、バスケ、アニメなど
標準化こそ正義
You can share this page !
スポンサーリンク
pcpromotion




スポンサーリンク
pcpromotion